すっきりと暮らしたい ありのままキロク

32歳 ぺぽ シンプルですっきりとした生活を目指すブログ

二人目でもつわりは辛い体験談【吐きづわりと匂いつわり】

f:id:pepotogo:20200327153834j:plain

出産よりも恐ろしいつわりの恐怖。2人目妊娠中でもやっぱりダメダメだったので辛い思いをされている方是非参考にしてください。

 
2人目が軽いは嘘?

1人目で慣れているから大丈夫とか書かれていた記事の多いこと…

正直に言います。そんなわけない。辛いものは辛いし、辛さに比較なんてできません!現に今こうやってまとめられてるのもつわりが終わったからです!

つわり中は長時間文を打つことや、パソコンに向かって作業なんてできませんwつわりに打ち勝った?からこそ今こうやって書けているのです。


つわりは突然きた

1月18日から3月中旬ごろまでつわりがありました。ちなみに妊娠発覚は1月初旬。発覚あたりから若干の胃のむかつきはありましたが、まだ大丈夫!食べ物も食べられる!と余裕こいてたら、突然襲来してきました。


吐きづわり

2人目も吐きづわりでした

気持ち悪くてとにかくなにもやる気が起きませんでした。食べ物も欲したわけではなくて、何か食べなきゃという思いで食べてました。空腹でも気持ち悪いし、食べても気持ち悪いし、常に「気持ち悪い」がデフォルトになっていきます。そして胃が完全に沈黙状態なのか、稼働しているのか?という状態でした。二日酔いなら終わりが見えるが、「つわり」という先の見えない戦いの幕が上がりました。

比較的、朝起きてからお昼までは動けることが多かったですが、お昼以降体調が悪化していき、夜は完全に動けないというルーティーンでした。

基本食べたいものは直感

1日1食しか食べれず、極限まで空腹になると、さすがになにか食べなきゃとなったときは、とにかく「今、この瞬間、己の食べたいもの」だけを食べるようにしました。好みのものがないとそれ以外は食べたくないので、食べませんでした。

吐きづわりでたべられたもの
  • カップラーメン

カップラーメンのしょうゆ味なら食べられました。

  • 梅茶漬け

簡単にできて、即お腹を満たせるし、梅の酸っぱさが良かったです。

  • カロリーメイト

程よい噛みごたえや手軽さが、命をすくいました。

  • ぱりんこ

無性に塩せんべいが食べたくなり、一心不乱に食べてました。

  • ざるそば

そばは食べやすさ共に完璧。

 

本当は食べたかったけど、手に入らなかったもの

アイスボックス

冬のシーズンにつわりになったが故に、この最高の爽やかアイテムを入手できなかったのが悔やまれます。一年中置いておいてほしい。ちなみにアイスボックス以外は受け入れられませんでした。(氷系アイスのガリガリくんもNG)


吐きづわりに対しての対応策

ビタミンB6と葉酸は神頼み

つわり軽減にはビタミンB6と葉酸を摂取するのがいい」と検索から導き出された神の真言をみつけだし、藁にもすがる思いで、毎日ビタミンB6と葉酸サプリを飲んでました。これが効いたかどうかはわかりませんが、飲まないともっと恐ろしいつわりが来るのではないかと思って飲んでいました、つわりが落ち着いた今も貧血が怖いので引き続き葉酸サプリは摂取しています。

つわり中に飲んでいたもの

  • つわびー
  • スギ薬局のプライベートブランドのサプイメント
  • エビオス錠

(本当は医師の判断が必要らしいですが、わたしは独自の判断で飲んでいました。体調により、飲めない人や飲んだらダメな人もいるかもしれないので、必ず医師に相談してください)

ガムとアメは持ち歩く

今回のつわりでは、口の中がなんとなく気持ち悪くなるので、飴(レモンとか梅味とか酸っぱいもの限定)とガムは常に持ち歩いていました。家の中でもボトルガムを小脇に携え、外出時にも大量の飴とガムをカバンにつめこんでいました。

気持ち悪いを指数化した

1が余裕10が吐くと、指数化しました。それを心で唱えることにより、今の現状が冷静になれた気がします。

f:id:pepotogo:20200327144657j:plain

心のなかで「今の私は5だ」とつぶやいていました。

今の状況を声に出す

家にいるときに息子が「御飯作って」と言われたときは「あ~気持ち悪い!しんどい!辛い!」とずっといいながら作っていました。そうすると、気のせいなのか若干は気分が晴れました。口に出すことは大事です。あと主人にも今の自分の状況を伝えるために「気持ち悪い」と常にいっていました。うっとおしいと思われていようが、人に現状を伝えわかってもらうことが大事だと思いました。

匂いつわり

研ぎ澄ませれた嗅覚

吐きづわりの他にも、匂いが急にダメになりました。とにかく家の中が臭い。とくに主人のミドル脂臭が臭すぎて、服も寝具も急遽洗い直ししました。それ以外にもニンニクの匂いと油の匂いやタバコの匂い(すべて主人の居酒屋帰りに持ってくるもの)も嫌悪感をいだき、速攻風呂と洗濯を言い渡すレベルでした。恐ろしいほどに匂いに対して潔癖症になりました。匂いから誘発される吐き気と戦う時期がきたのです。


自分の体臭

主人の体臭もさることながら、自分の体臭も無理になりました。常に気持ち悪く横になっているので、寝具も臭く感じるようになり、即洗濯していました。何度も洗っても取れない体臭がついた服はさすがに着れないので手放しました。自分の体臭がつらすぎて、【ミューズ石鹸】を使用していました。(もちろん主人にもw)これが効果があったかは不明です。


お店の匂い

魚もお肉も視覚的にNGだし、お惣菜コーナーも揚げ物ばかりで苦痛でした。スーパーに入った瞬間、色んな匂いが混ざり合い生ゴミのような匂いがしていました。匂いだけで吐くのを耐えていました。しかし、つわり中はほとんど料理ができなかったので、スーパーには本当に感謝してます。

フードコート内ではそれほど気になりませんでしたが、店舗型の密集した空間の油の匂いがダメでした。飲食店の匂いって服に信じられないほどつくので、つわり中は店舗型のお店にはいけませんでした。


寝るときも常にマスク…けどマスクが臭い

寝る時も部屋の匂いが気になるのでマスクしていましたが、新品マスクの匂いが臭すぎる!これについてはアルコールスプレーをふりかけたら多少マシになりました。

化粧品もさようなら

香料が強すぎる化粧品はみんな手放しました。妊娠前まで素敵な香り~♥と思っていたものすべてが好みの匂いではなくなり、一気に手放しました。


においつわりの対応策

匂いを消し去る努力をした

常に消臭スプレーを部屋中かけていました。この時期の消臭スプレーの消費量はすごかったです。あと主人の部屋の匂いも置型の消臭剤を設置して対応していました。無論、主人には「臭い」と言えるわけなく、さりげなく設置をしていました。ちなみに、消臭スプレーは生ゴミスプレーとペット用のスプレーが臭いを消し去る能力は高いです。ペット用スプレーはペットにも安心して使える素材が多く入っているので子供がいても多少安心かなと思いました。

洗濯の鬼

午前中は比較的、まだ動けることが多かったので、毎日洗濯をしていました。柔軟剤はなんとなく気分が悪くなるので入れませんでした。とにかく「匂いを消すには洗うしかない」という強迫観念かの如く毎日洗濯を繰り返していました。そのあとの【洗濯を干す行為】がとにかく苦痛で、ベランダに干せずに浴室乾燥機に頼っていました。(なのでつわりの時期の光熱費がとてつもない値段になっていました。)

換気

1月~3月という時期で、寒くても仕方がないので換気をずっとしていました。とにかく敏感な嗅覚になっているので、少しでも変な匂いがするとすぐ換気をしていました。

 

柑橘系のかおり

柑橘系の香りだけは唯一許せる香りでした。無印良品や生活の木で好みのアロマオイルを購入。2~3滴たらして、百均で買った珪藻土をアロマストーンがわりにして、枕元においていました。若干気分は安らいだ気がします。しかし、多くたらしすぎた日の夜中に頭痛で目が覚め、かなり苦しい思いをしました。のでやりすぎ注意です。(アロマオイルによって頭痛が引き起こされることがあるそうなので、お気をつけください)


まとめ

何よりも恐れていたつわり。事前に対策しようにもできるわけがなく、とにかく家族の理解と常に寝ていることで、約二ヶ月つわりという戦いに終止符?を打ちました。一人目も辛かったですが、二人目も辛いです。これで二人目が無事に生まれてくることを願っています。この経験を忘れないようにと参考になっていただければ幸いです。