すっきりと暮らしたい ありのままキロク

32歳 ぺぽ シンプルですっきりとした生活を目指すブログ

【骨格診断ストレート】の結果を聞いた30代主婦の「シンプルで似合う服」の選び方ルール

f:id:pepotogo:20200407155102j:plain

はじめに

骨格診断ストレートの結果を受けてから、

体のラインを拾わない!首元がすっきり見える「自分に似合う服」を選んでいます。

色々服を見ていくにあたって気を付けていることや、ルールができ、 「あ、これ似合わない」と服を選ぶ際の時短化にもつながっています。

少しでも参考になればと、まとめてみました。

骨格診断ストレートとは

私は以前、某百貨店にて骨格診断「ストレート」という診断がでました。 この診断を受けた理由は

「30代になり 自分に似合う服がだんだんわからなくなってきた」

「どうせ買うなら似合う服がいい」という理由です。

骨格診断ストレートの人とは

・メリハリのある体つき。

・首は短めで肌に張りがある。

ざっくりいうと、このような体形の人のことを指し

・シンプル・ベーシック・すっきりと見えるスタイルが得意

・縦のラインを意識した服装がいい

と、いわれています。

f:id:pepotogo:20200407145138j:plain
「骨格ストレート」百貨店でいただいた資料

絶対!これだけは守っている!ルール

なにがなんでも必ず試着

面倒と思わずに試着する。

  • 体のラインを拾わないデザインか?お腹でてるのバレないか?
  • 腕周り腰回りにユトリがあるのか?パツパツではないか?
  • 後ろ姿でブラからのハミ肉が表れていないか?
  • できることなら鏡から離れて遠くから見てみる!

「これ素敵!」と手に取ってみても着てみると似合わないケースって 本当に多いので、絶対試着をして購入はマストです。

ちなみに、過去の私は通販で服を買っていて、適当にモデルの着た雰囲気で買って何度もイメージと違うことで後悔をしていたので、
通販で買うくらいなら実際に着て服を選びたい!という結論に至りました。
モデルさんは大体は何でも卒なく着こなせる骨格の人か、その人が似合う骨格の服しか着ていないそうです!!

トップス編

体のラインを拾わないジャストサイズの服をきる

「フィット」や「リブ」とかいてあるものは、体のラインを拾ってしまうので、 このような素材は買わないようにしています。 購入基準は生地は厚手で体のラインを拾わない。下着が透けないものを選んでいます。

今はやりのビックサイズや、肩のラインが落ちているものは、太って見えるので似合わないです。 肩のラインは大事です。自分の肩の線と同じである服を選びましょう。

たったそれだけ?と思いますがこれだけでも試着してみると全然違います。

首の開きはユーネックやブイネック・鎖骨が見えるものがいい。

着やせして見えるのは

ズバリ首回りです!

着てみると不思議と綺麗に見えるものは首元が広いものが多いです首がつまりすぎると太って見えるので、試着は絶対しています。

個人差はあるかもしれませんが、ユニクロユーのクルーネックTは例外的にきれいに見えます

f:id:pepotogo:20200409120208j:plain
ついでに袖の形もかなり重要です。
個人的に似合わないと思ったものが多いですが、妙に凝った袖(ドルマン・ヒラヒラ・パフなど)は似合わないです。
余計なものがないことが一番です。
あとスウェットで見られがちな袖が絞ってあるものも、太って見えるので好まないです。

ボトムス編

ズボンもロングスカートも足のかたちをとにかく拾わない

ストレートデザインが一番似合うので、スキニーは絶対買わない。

ワイドパンツもまっすぐとした形と足の形を拾わないので選びがち。

スカートならくるぶしが見える程度のロング丈が一番使いやすい。 丈が長すぎると、エスカレータに飲み込まれ汚れます(体験談)

あと忘れがちですが、後ろから見たシルエットも大事です。お尻の形が見えすぎて 凹凸が露骨にみえるのも、好みによりますがあまり美しくないと思います。(お尻を鍛えてる人は別!)

これだけは選ばない3選

タートルネック・スウェットはきない

骨格ストレートはタートルネックが似合うといわれていますが、私はきません!

理由は胸も強調されるし、肩幅目立つし、いいことない。 たとえ寒い冬でもきないと決めています。

スウェットのような、袖口や腰回りがリブになって、すっとすぼめられているデザインを着ると急に太って見えます。 なので、胸元から腰回りがストンとまっすぐな服じゃないと絶対選びませんし、 腕も二の腕から袖口までまっすぐなものじゃないと選びません。

f:id:pepotogo:20200416114547p:plain

フリルやベルトなどの装飾があるものは着ない

フリルとか腰ベルトとかそういうもの付いてたら買わない。

理由は、ごちゃついているのが顔回りにあると似合わないからと、 ベルトでウエストマークする服もあまり好きではないからです。

麻素材(リネン)はストレートの人は似合わないと再確認

夏場になると出てくる麻素材の服。 涼しそうにみえるけど、わたしが着ると、疲れ切った・手入れの出来ない汚い雰囲気になる。 ナチュラルに着れない。逆にそのシワ感が小汚くみえる。 これはトップスもボトムスも同様です! そもそも骨格ストレートは「リネン」が似合わないんだぁ~と改めて思いました。

服を選んで思うこと

ストレートだからこれ!という縛りはやめること。

ストレート民でも似合う似合わないあることを自覚する。

たとえばストレートに方に似合うといわれている、 ユニクロのEZYアンクルパンツ(テーパード型パンツ)は 腰回りが膨らんでそこから足先に向けて細くなっているので、 私が履いたらモンペに見えるので、一概にテーパードパンツは似合わないんだなと結論に達しました。

色よりも形が大事

骨格診断を受けたときに「色よりも自分が似合う服・着やせして見える服の形を選ぶことが大事」と いわれ色々服を着ていくうちに、この素材や形がいい!とか苦手だなぁと思うことが増えてきました。

似合う形と似合う色と好みの素材がピッタリ合う服って実は本当に本当に少ない んだなと思います。

いろんな服を試着して経験を繰り返し、服を選ぶルール化ができたのも、骨格診断をしたおかげだと思っていますし、 なんとなく安いから、なんとなくかわいい(けど似合っていない)から着ているという妥協はしないようにしました。

骨格ストレートだから似合う服、似合わない服がある、妥協しないためのルールを設けることで 結果的に、無駄な服を買わない、タンスの肥やしとなる服を買わない、時短につながっていると思っています。