すっきりと暮らしたい ありのままキロク

32歳 ぺぽ シンプルですっきりとした生活を目指すブログ

30代主婦の「服選びが面倒くさい」から解放されたルールを8個紹介!

f:id:pepotogo:20200408153848j:plain

面倒くさいを「プラス」に考えてみた

面倒くさいって言葉からしてマイナスなイメージがあります。

しかし、これをプラスに捉えることにより 服を選ぶ基準がぐっと限定されて、服選びがかなり楽になりました。

面倒くさいから・・・

パーソナルカラーと骨格診断を受けた

似合うであろう服を自己判断で着てみるという行為は

自分のことが分かっている人か、自信がある人か、若い人か、「あえてこういう服装」と決めて着ている人だけ!!

30歳過ぎたらとたんに「似合う服迷子」になります。 似合う服がわからないと迷ったときがチャンスです。 迷わず誰かの客観的な判断を受けましょう。 お金は多少かかりますが、一度受けてしまえば、今後の迷いはなくなります。

わたしはこのお陰で 服選びの時短化と似合わない服を買わないルールができたので 本当に受けてよかったと思っています。

今後は顔診断も興味があるので、今後調べて受けてみたいと思っています。

www.pepo8.com

www.pepo8.com

ユニクロとジーユーで服を買う

いろんな店舗に行って購入するということがどうしても面倒なので、 ここでしか買わない!という店舗を決めました。

流行にながされないベーシックでシンプルなデザインが沢山置いてあるのもいいです。

しわになる・ニット・リブ素材の服を買わない

そもそもアイロンがけも面倒なのでアイロン捨てたのことをキッカケに、 シワになる素材を選ぶことをやめました。 主人のワイシャツもシワにならない素材のものを買うというルールを設けています。

毛玉がたくさん出るタイプのニットはストレスなので着ません。 リブ素材は体にフィットして女性らしいラインが出て素敵ですが、 逆に体のラインが気になって仕方がないので選ばないようにしています。

靴はスリッポンがいいと気づいた

スリッポンの利点はとにかく「靴ひもを結ばなくていい」ということ! パっと外出るにも楽だし、見た目もシンプルで、どんな服でも似合うのでいいです。 ちなみに靴はワークマンで買いました。

f:id:pepotogo:20200408152851j:plain
履きやすいし1500円とお手頃価格なのでいい!

柄物や流行色・装飾があるものは買わない

ボーダーや水玉、花柄や流行色やフリルやレースの服・・・。 いちいち服のコーディネイトを限定されてしまう服を買うことはやめました。

ワンシーズンで即終了の服って買う意味ありますか?

なので柄物をやめてなるべく「無地」を選ぶようにしています。

一番は流行に流されないシンプルな形で自分に似合う服を着ること。

面倒くさいので流行を追わないことにしました。

差し色はにした

全体的に地味な服装になる日もあります。 そんな時は差し色として赤を使っています。 靴下・鞄・カーディガン・マフラー・靴など小物系で赤色のものは持っています。 赤を一点入れることでとっても映えます。

f:id:pepotogo:20200408152846j:plain

ボトムスはネイビーデニム素材ポケットがあるものだけにした

白や淡い色は汚れを気にすることがストレスなので、はかないようにしています。 あと下半身が淡い色=膨張色なので選びません。 それならば、上半身に淡い色のほうが絶対いいです。

あとスカートもそうですが、絶対「ポケット」があること。 ポケットがなければいくら素敵なデザインのものでもノーです。

顔映えするピアスを選ぶ

ピアスを選ぶ基準は サイズは大きく、主張が強い、キラキラしているものを選んでいます。

理由は服がシンプルになりがちなので、 どこかポイントを置くためと、顔回りを華やかにするためです。

華奢で小さいピアスが似合わないというのもあります。

f:id:pepotogo:20200408153234j:plain

まとめ

服選びが面倒くさいということをプラスに捉えて考えるだけで、 服選びが絞られて、とても楽になりました。 今後はこのルールで、ミニマリストの方も実践されている「私服の制服化」を目標にしていきたいです。

「服選びが面倒くさいなぁ」と思っている方は、参考になればうれしいです。